島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニメ「蒼天航路」

原作漫画も大好きだけど、
アニメ版もよかった~~~~。
途中で終っちゃうけど、呂布の最期まではしっかり
味濃く描かれていて大満足。
いつまでも三国志の世界に浸っていたい、
現実に戻りたくない危険(^_^;)な状態に陥りました。

蒼天航路 VOL.1 [DVD]蒼天航路 VOL.1 [DVD]
(2009/08/21)
宮野真守、てらそままさき 他

商品詳細を見る


スケールの大きさは伝わりました。
ここまで動かしていれば、もう充分ですよ!!!

惜しむらくは「官渡の戦い」終結まで見たかったああ。(T_T)

こちらは原作

極厚 蒼天航路(1) (モーニングKCDX)極厚 蒼天航路(1) (モーニングKCDX)
(2009/05/22)
王 欣太

商品詳細を見る



原作漫画は曹操の生涯を最期までみごとに描ききっております。
従来、曹操は三国志では悪役として扱われてきたのです。
それを著者・王欣太さんは大変魅力的な主人公として描いています。
一般大衆が長い間持ち続け、固まってしまったイメージというものは
なかなか頑固であります。
物語によって無理なく説得力を以って固定概念を覆す事は
並大抵の力量では出来ない偉業なのです。
日本では悪漢と位置づけされてきた「平清盛」を吉川英治は「新平家物語」において
勇猛さと政治能力の高さと先見性を持ち合わせた、
やはり魅力的なリーダーとして描きました。
ただの強欲な悪党ではない、新しい清盛像が生み出されたのです。

「蒼天航路」はそれに匹敵するくらいの名作であると
私は思うのであります。


スポンサーサイト

| アニメ | 07:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。