島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毒書感想

悪口なので著者名もタイトルも言いません。
私が以前から好んで購読している作家さんの本なので
当ブログに紹介しているかも・・・・
暇を持て余している方は遡り推測の上
こっそり(^_^;)当ててみて下さい。

この方の本は本当に面白く、
私は全部とはいかないまでも出版されている本の
ほとんどを読破しているはずです。

今回、新刊として出ていた文庫本を
さっそく嬉々として読み始めました。
序盤、中盤は文句無くグイグイ、螺旋状のドラマに
引き込まれていきます。
「ああ、今回も面白い!一気に読んでしまう!!」と・・・・・
しかし
「ん?いつもなら人間の闇の部分を目を背けたくなる位
たたみこんでくるはずなのに・・・・・?」
物語的には確かにそうなのですが、
表現が浅いというか淡白というか甘いというか・・・・
登場人物にしても
感情移入できるエピソードの情報量が少ないので
「ここまでやってしまう」行動原理が理解できません。
逆に、報復されるべき人物が結局うやむやで
嫌われ役も
「前ほど嫌いではなくなった」の一言で無理矢理良い人で終わってしまいましたが
いやいや、最後まで嫌な奴でしたよ~~~(>_<)
そして、読了後の感想は
「面白かったけれど、いまひとつ物足りない。」でした。
そして、巻末の解説を読むと凄い既視感。
前に読んだような気がしてなりません。
たまに購読済みの本を忘れて再度買ってきてしまう私。
またやったか?いやいや、作品は最新刊!そんなことはありません。

既視感は解説文でした。
同じ作家の前に読んだ本の解説にそっくりでした。
使い回しか?盗作か?
いえいえ、前作を取り出して読み返すと全然別物でした。
しかし、別人が書いた別の解説が驚くほど似ていたのです。
その上、その前に読んだ本の私自身の感想も
「面白かったけど、いまひとつ物足りない。
登場人物がここまでやる理由に感情移入できない無理矢理感」でした。

この2作品に共通する事がもうひとつありました。

それは
「テレビドラマ及び映画化を前提とした企画作品」
で、あった事です。

凄く似た内容の解説は両作ともそれぞれのドラマ制作プロデュサーなる人物が
書き下ろしたものでした。
解説の出だしは著者の作品に衝撃を受け、
ドラマ原作を依頼しに出向き、何度も打ち合わせを重ね、
ついに完成!流れはまるっきり同じ。
このような職種の人はなぜ考え方も話の持って行き方も文書のイメージも
画一的でよく似ているんでしょう?
同じ人が書いているとしか思えなかったです。
そして、作品の内容を詰めて行く段階では、作家の味を損ねまいと言いつつ
ご本人達のお好みのシチュエーションとか人間愛とかを遠まわしに押し付けている(^_^;)
「縛りありき」の作品だったのです!!2作品とも!!

抜きん出た才能に凡才が乗っかって
傑作を凡作にしてしまった!としか思えなかったのです。

作家御本人が引き受けられたお仕事なわけだから、
読者の私がどうこう文句を言う権利はありませんが(ーー;)

作家さん御本人の力が衰えたわけでもなかった事に
一縷の希望を託し、
他者の縛りなき作品を切望しつつ次回作を楽しみに生きて行きまする。

スポンサーサイト

| 読書 | 08:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脳内麻薬

先月、風邪で熱が出て1週間ほど寝込んでから、精神状態がおかしい。
体は動かせるようになったのだが、
気持ちが動かない。
何を見ても、聞いても「面白くない」「わくわくしない」「楽しくない」のだ。
世の中に満ちているものが「嫌い」「つまらない」「どうでもいい」ばかり。

「好き」とか「感動」とかどこに行ってしまったのか?

とどのつまり、「生きていてつまらない」!
そうなると「やる気」なんてなくなってしまうのだ。
これは結構危険な状態では?
たぶん、危険だ。

そんな時、私はひとまず本屋へ行く。

そして今回はこのタイトルが目に入った。
うさんくさい(^_^;)啓蒙本じゃなくて、学術的内容なので購入してみた。

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)
(2014/01/30)
中野 信子

商品詳細を見る


うへえ、依存症の本だった!!
私は今のところ大丈夫・・・のはず・・・・(^_^;)
お酒も嗜む程度で、性格が豹変するほどは飲まないし、タバコも吸わない、
ギャンブルもはまったことないし・・・麻薬なんてどうやって手に入れるのかもしらないし、
薬どころか、栄養ドリンクさえめったに飲まない。

しかし、なるほどねえ・・・・へええ。

結局自分のドーパミンの出し方はよくわからなかったけど、
漫画作っている間はまだなんとか
やる気出てるみたい。
うん!!!これだけは押さえておこう!!
これだけあればいい!!



| 読書 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「花の鎖」読了!!

花の鎖 (文春文庫)花の鎖 (文春文庫)
(2013/09/03)
湊 かなえ

商品詳細を見る


私はこの作家のもはやファンだ!!
いまのところどれを読んでも面白い。
はずれが無い!!
私にとって何が面白いのか?
「こんな事を書いたら書いた自分の人格が疑われるのではないだろうか?」
と、作り手の端くれである私など、常に頭をよぎってしまうのだが
湊さんはそうではない!!
人間の裏表、攻撃性、依存性、変質さ、怨念、嫉妬心、欺瞞、慢心・・・・
知らない!見たくない!忘れていたい!と思う人間の汚い部分を
臆せずあからさまに浮き彫りにする。
そのさらけっぷりが気持ちいいのだ!

今回の作品は構成そのものがミステリー仕立て。
きっと2回読み返す!!(^o^)
取り扱っている事件そのものは「告白」「贖罪」のような
悪魔の所業ではないし、登場人物に突出した残虐極悪人がでてこないし、
珍しく(^_^;)読後感が爽快なのでありました。
「花」も重要なアイテムではありますが、
私は「きんつば」の印象が強く心に残った作品でもあります。(^^)
きんつば食べたくなります。

| 読書 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「どちらかが彼女を殺した」読了!

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
(1999/05/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る


テレビドラマでは「新参者」で名を馳せた
加賀恭一郎シリーズの原作小説。
ドラマは人間の情が濃厚に絡んだ演出になっていたけれど、
原作のシリーズは推理が主体なんだなあ・・・。
加賀刑事はもはや阿部寛さん以外イメージできないけどね。(^^)

推理ものは面白いよね。
「犯人はだれか?」って一点でこれだけ夢中になって読んでしまうんだもん。

しかーーーーーし!
この作品の中で犯人を特定していくための
「ある特徴」が私には当てはまらない!!!!
私が実行犯だったら私が犯人だと確定できない!!!
私だったら完全犯罪成功じゃん。
などと、
おかしな部分で悦に入ってしまったのであった。(^_^;)

| 読書 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「モンスター」読了

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
(2012/04/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


またまた、百田尚樹著作品!
まずは、百田さんのオオススズメバチから時代劇、戦中戦後、そして整形美女の立身出世話まで、
描き出すジャンルの多さと世界観の幅の広さに驚きますね!!
それがどれも取材が綿密で素材が豊富なので勉強になるうえ、
人間描写もリアルかつ、ドラマチックで面白い!!

で、この作品は
整形美女のお話。
通常、こういった題材の物語はドロドロした狂気じみた
追い詰められ方をするものが多いのですが、
いや、狂気じみているはいるのですが、スカッとした爽快感を感じてしまうのです。
主人公は「ある目的」のために猪突猛進!迷いもなければブレもない!!
大手術をする事による、リスクもものともしません。
本作は「整形手術」に対する描写も、他でよく見るような、「あっという間に全身美女~!!」的
魔法のような現象でごまかしたり、逃げてはおりません。。
最新医学技術による施術方が説明され、しっかりリスクも掲げられています。
整形によって作られた「嘘の自分」に苦しんで心が病んでいくような
柔な主人公でもありません。
「見かけ」のみで態度が変わる世間を大いに利用していく
ハートの強さが気持ちいいのです。

小説は面白いのですが、女性として、身につまされる部分はありますねえ・・・(^_^;)
確かに「美貌」は武器なのです。
人間社会すべてにおいて美しい方が有利です。
仕方ないです!!現実ですから!!

で、自分の下品さを晒してしまう事になりますが、
この小説の中に出て来る、ある部分の施術が大変判りやすく、
テレビに出ている美しい人々の「ある部分」が気になってやたら観察してしまうように
なってしまいました。(^_^;)
「武器」を手に入れるためメスを入れた勇気ある人を探してしまうのです。
(おお!我ながら見事な表現!!日本語万歳!!!)
「ある部分」が気になる方は「モンスター」を購読して下されませ!!(^^)/



| 読書 | 07:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「風の中のマリア」読了!

風の中のマリア (講談社文庫)風の中のマリア (講談社文庫)
(2011/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


最近、すっかり百田尚樹著作に夢中の島崎です!!

これもっ!期待を裏切らなかった!!!!!!!
大お勧め!!!!!!!!
もう、たまらなく好きです!!!!!!!!!

主人公はオオススズメバチの戦士マリア。
蜂の学術的生態が丸ッと頭にはいるうえ、
物語展開がドラマチックで目が離せない。
虫って聞くだけで拒否反応が出てしまう~(T_T)なんて言って避けてしまうのは
勿体無いですよお。
「私はヴェスパ・マンダリニアの誇り高き戦士!!」なんて
高らかに名乗るマリアがまことに魅力的だ!

そんでもって・・・・

物語の本筋とは関係ないけど、
日本原種のミツバチと人の手で改良されて生み出されたセイヨウミツバチの
在り方は実に興味深いものだった。
(現在世界で危惧されている「ミツバチ消滅現象」は
セイヨウミツバチの事で、
野生の蜂の問題ではないのですよ。)
で、あと百年もしたら、
ニホンミツバチの中にセイヨウミツバチへの
対抗策が生まれるのだろうか・・・・?
人間も未知の生物と遭遇してしまってら
やはりなす術もなくぼーっと一方的にやられてしまうのだろうか?
自分の好き嫌いや、決断や行動は
実は太古の昔から闘って生き残ってきた人類の経験値が埋め込まれた遺伝子に
よって支配されているのだろうか?
「生き残る!!」という事が
生きる事の大命題であるならば、
自分の胎内なる欲求に従う事は我儘なのではなく正しい事なのか?
もしかしたら、
人間もハチやアリ的生き物で、
個々は細胞のひとつで全体が一個の生物なんじゃないか?・・・・・・
自己犠牲的行動は、まさにその証明じゃないか?
とか・・・・・・・
いっぱい、考えちゃったのであります。

ハチを見たら、「マリア」と呼んでしまいそうな
アホな私であります。(●^o^●)

で、私のパートナーのバチ丸37は
この小説の事を知らず、当然読まず、数年前に
同じようなテーマのコミックを自主制作しておりました。
なかなかペーソスに溢れた味のある作品に仕上がっていると
思うので、
宜しかったら無料公開中のものを
御覧になってみて下さいませ。


| 読書 | 22:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「影法師」読了!

影法師 (講談社文庫)影法師 (講談社文庫)
(2012/06/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


徹夜して一気に読んでしまった!そして泣いた!!

「命懸けで生きる!」「いつでも死ぬ覚悟で生きる!」「死に方を考えて生きる!」
腰に人を殺せる武器を常に携えているという事は
日常の全てにおいて、身近に「死」を強く意識して生きる事。
侍とはそうしたものなのだ。
「信念のためならいつでも命を投げ出せる!!」という覚悟を
時々、死に急いでいる。命を軽んじている。と勘違いされている方がいらっしゃるが、
全然違う。
むしろ生きる事の姿勢、美学に真摯でなければ、この覚悟は生まれない。

美学を貫いた生き様の純粋性を描くのは
やはり、本物の侍が生きていた時代がいい!!
描く方もてらいなく、心を純粋に研ぎ澄ます事ができる。

思うところがあり、時代小説から意識して遠ざかっていたが、
この作品によって再びこの世界の美しさにどっぷり浸かることが出来た。

こんな物語を私も漫画で描きたかったのだ!!

| 読書 | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小説「永遠の0」読了。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


読んでいる最中、涙が止まらない。
読み終わってしばらく涙と震えが止まらない。
私は感想を書けない!!私の知っている単語などすべて軽薄で
この小説を的確に表す言葉がみつからない。

この小説に出会えてよかった!!
ありがとう。

| 読書 | 23:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。