島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

打ち上げ

『花かんざし捕物帖』の最終話が無事にアップしました。\(^o^)/
実作業はかなり先行していましたので、
携帯とPC配信はまだまだ続きます。見てね。(^_-)-☆


出版不況の昨今、長い物語を完全燃焼で描き切る事は本当に難しい。

偉いぞ!私!!よくやった!私!!

ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿


な~~んて、自分を褒めてばかりじゃだめです。
本当は、Michao!編集部の理解と支えあってこその完成であります。
漫画作りに真摯で、挑戦的で、
作家が良い形で仕事ができるように努力を惜しまない編集部でした。
おかげで最後まで、とても楽しく仕事ができました。
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

| 近況 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サブタイトル

漫画が連載作品である場合、
ほとんど、一話ごとに副題がつきます。
私は初連載の『青竜のサーガ』から、『リオン』までは
すべて編集さんまかせでした。
打ち合わせ無く、おまかせ!
刷り出し(雑誌になる前の試し刷り)で、初めて
「おお、今回はこう来たか!!」といった具合。
どんな題でも、一回もNGを出した事がありませんでした。
結構、かっこいい題が多くて、
絶大の信頼を傾けておりました。

つーーーかそうゆうものだと思っていました。
副題は編集さんのお仕事だと……。
実はそうでは無かったのですね~~~~。(~o~)

三国志のお仕事は
一話完結連載でしたので、話の主軸をはずさぬ意味も込めて、
副題をまず先に考えてネーム(原稿に入る前のラフ絵コンテ)にかかり、
副題はあくまでも仮のつもりで入れておきましたら、
そのまま使われたわけで…。
「書いておけば、使うのか~~~!じゃあ、
今まで私は担当さんの仕事をひとつ増やしていたんだなあ。」と、
気付いた次第です。
(20年やってきて、やっと知った事実!!言ってくれればよかったのに、…(~_~;))

それ以降は自分で付けています。
やってみると、一話一話のテーマが明確になって話が作りやすい。(^o^)
『花かんざし捕物帖』も、そう。
一番、傑作だなと自画自賛しているのは、
47話の『色男の悶絶』です。

補足:
作家さんによっては、扉のレイアウト、煽り文、文字サイズ指定までこなす方もいらっしゃるそうですが
さすがに私はそこまでは…。おまかせおまかせ

| 戯言 | 14:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2のパイナポー

担当さんが差し入れに、
丸ごとパイナポーをくださいました。

200906201129000.jpg

早速、解体ショーを繰り広げてみました。

200906201215000.jpg

そして、頭の葉っぱは鉢植えしました。

200906201256000.jpg

ちなみに、第1パイナポーはこんなに大きくなりました。 (^^)v
第2パイナポーも根付いて、こんなに大きく育つかな?

200902271550000.jpg

| 近況 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンコンキン

200907111736000.jpg200907111733001.jpg
 
行ってきました
カンコンキンシアター・クドい!
ああ、今年も一番面白いところはセルDVDに出来ないネタだった~~。

今年から劇場が変わって、公演時間が短縮との事、
しかーし!!
それでも3時間休憩無しのノンストップ公演
今迄どれだけやってたんだか!!
シアターアプルと違って、劇場内飲食禁止なのがちょっと辛かった。
笑いすぎでノド渇くんだよ~~~~。\(~o~)/

写真はパンフレット。
「軍人魂ください。」って言うのが何だか恥ずかしい。(*^_^*)
でも、毎回購入。
シビビン
袋とじにカッターの刃を入れるのでありました。


| 近況 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お勧め

200906170045000.jpg200906170045001.jpg

香高く、味が濃いです。
どんなこってり料理を肴にしても負けません。
最近は水で割っちゃったみたいな味の薄い日本酒が好まれているらしいけれど、
私はダメです。このくらいコクがなくちゃ日本酒を味合う意味がないじゃん。

最近、お酒が呑めて幸せだなあとしみじみ感じます。
あと、日本人に生まれてよかったなあって。
おいしいご飯とお肴と日本酒があれば、
少しくらいの嫌な日常は吹き飛びます。

ういっく

| 日本酒 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。