島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

テレビの?報道

昨夜11時台に流れた某ニュース番組をボーっと見ていたら、
「今すぐ、原発を全て全廃したら、電力供給は20年前と同じになります。」
と、フリップ出し、
アシスタントの女子アナさん
「不便になりますね。」

はあ!?

20年前って、1991年ですよねえ!?
バブル景気の余波でまだまだ日本が浮かれていた
時期ですよおおおおおおお\(~o~)/
私は当時バリバリ仕事していて、マンガも沢山売れていて、
都心は24時間営業のキンキラ不夜城と化し、
燃費の悪い外車が路上にあふれ、
省エネ家電だって無かったけれど、
誰も、なああんにも‘不便`なんて感じていない時代でしたよお!?
あの時代に帰りたい!!て切に思ってる人だって少なからず居るはず。

女子アナさんは生まれてわずかで、
幼かったから記憶がうすぼらけでしょうから
百歩ゆずりますけれど。
ニュース原稿書いたのも20代のうすぼらけなのでしょうか?
記事内容をチェックするデスクは不在だったのでしょうか?

「多少の不便を我慢して、以前の暮らしに戻る」か
「新たなる代替エネルギーの開発に乗り換える」か
国民は生活意識の変換と選択が求められています。って
まとめていたけれど、
代替エネルギーに関してひとつずつ
リスクを上げて、難癖つけて、あきらかに
反脱原発に誘導しておりますけれど、
もう説得力ありませんよ。
そもそも、そのデータどこから捻出したものですか?
間違ってませんか?

原発推進派は素人を馬鹿にし過ぎで、
へんてこデータで煙に巻こうとするから
余計信用できなくなるのです。

公正な民放の報道を望みます。
何かわかりませんが
大きな厄介者と戦ってほしいものです。

| 戯言 | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最新刊

星野泰視先生作最新単行本、絶賛発売中!!
映画ラブな内容。映画ファン必見!!
なんか、カバーデザインめちゃめちゃかっこいいんですけど\(^o^)/


デラシネマ(1) (モーニングKC)デラシネマ(1) (モーニングKC)
(2011/04/22)
星野 泰視

商品詳細を見る

| マンガ評 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脱原発

仕事待機中で時間があったので
原発関連のニュースやら記事やらを雑食
していたら、…恐ろしい内容が出るわ出るわ。
今までぼーっと生きてきた私ですが、
さすがにこれだけははっきり言えるようになりました!!

「私は脱原発派!!」

ただの漫画家で、しがらみがないから
自分の意見が自由に言えます。


私は現場で働いている人の言葉を信じます。
心して読んでみてください。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html


原発を推進してきた政治家と官僚と
東電の天下り役員さんたち、少しでも良心があるなら
まず自分達の財産(ジャッキー・チェンみたいに全部とは言わないですが)、
せめて役員報酬を
原発処理経費に差し出してから(それでも全然足りないだろうけれど)
増税や電気料金の値上げを提案されたらいかがでしょうか?!
国民が血の汗を流そうと覚悟を決めているのだから、
当事者が進んで血の汗を流すべきだろうと、思いますが違いますか?



| 近況 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お仕事

やっとお仕事が回ってきた!
前回の分は全部、
東北の介護施設に送金しちゃったから、
(大した額ではありませんよ)
ず~~っと本職の収入がなかったのだ。

大した額を送りたいので原稿料上げてもらえないかなあ(^_^;)
と小声でつぶやいてみたりして…

| 戯言 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新刊

最新刊買った!!読んだ

GANTZ 31 (ヤングジャンプコミックス)GANTZ 31 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/04/19)
奥 浩哉

商品詳細を見る

| マンガ評 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好きな事

好きなものがどんどんなくなっちゃう~~~~(T_T)と、
泣き言をいっておりましたが、
無いなら自分で作るしかないなあ。


出来る事を地味地味やっていこうと思っております。

| 戯言 | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲報

村野守美先生が亡くなられたそうですね。
先月の7日だそうです。
画材を通販で購入している、
漫画学院さんの「漫画新聞」に記事が載っていて、
はじめて知りました。

漫画家としての
シャープで閃影で、それでいて温かみのある叙情的な絵。
アニメーターとしての
切れ味の鋭いスピード感あふれる心地良い動画と
実験的、感覚的な斬新な映像演出。

一時、影の付け方、ペンタッチを真似て、(結局、挫折)
くらいあこがれていました。

悲しいです。

私の好きなものがこの世から
どんどん無くなって行きます。

| 近況 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テンプレート差替え

思うところがあって、テンプレートを元に戻しました。
色合いに合わせてプロフィール・アイコンも変えました。

| 告知 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満開

近所を散歩。

穏やかで、美しい桜情景であります。


2011041215w.jpg

20110412w.jpg

| 戯言 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

存在誇示?

定年退職して、暇になった○○世代の人が

クレーマーになりやすいんだって…ってテレビでやってたけど、

○○世代じゃないけど、暇もてあますと、

なにかにいちゃもんつけたくなる気持ちって

もの凄くわかるなあ。(^_^;)

| 戯言 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勧善懲悪

マンガ家になったくらいだから、

子供の時、マンガやアニメをガンガン見まくって育った。

そこには正義のヒーローと、悪人が判り易く存在していて、

勿論子供たちは悪人を憎んで、ヒーローに感情移入する。

誰だってまさか自分が大人になってこんなみっともない、無様な汚い醜い心の

悪役になりたいなどと思った子供はいないはずだ。

「弱きを助け、強きを挫く、正義の味方になる!!!!!」って思ったはずだ。


なのになぜ存在する?

人々の命、日々の平穏な暮らし<己の保身、権力、お金

って絵にかいたような悪人が?

現実に居るんだなあ、これがっ!!大なり小なり。

きっと、マンガどころか絵本も童話も小説も映画もドラマもろくに見ないで

友達も作らず、お勉強ばかりして大人になっちゃったんだろうなあ。

その人は全ての現実を他人事のように無感情で語る。

時折、表情が動くのは、人を馬鹿にした時だけ。


自分の地位や利権のために多くの善良な人々を危険に晒す人。

その人と、その取り巻き、その人を神輿に上げた人々を私は嫌悪し戦慄する。


最新号の「AERA」を読んで感じた事である。

http://www.aera-net.jp/

| 戯言 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パエトーン

http://usio.feliseed.net/paetone/index.html

山岸涼子先生著「パエトーン」が電子書籍で無料配信中!!

是非お読み下さい。

山岸先生の見識の高さに改めて御尊敬申し上げます。


25年前に発表されていたとは!!

マンガという仕事の意義はこうゆったものでもあったのかと感じ入りました。

でもきっと、当時これを目にしていたとしても、

愚かな事に私は今ほど深刻に受け止めてはいなかったでしょう。


しかし、「難しい専門外の話は専門家にまかせておけばいい。今は自分の事で精一杯だし…。」

と、思考停止だったのは私だけでなかったはずです。

それはげんに山岸先生の作品が発表されてから

25年の間に作中で危惧された原発の増設とプルサーマルは実行に移されているのですから。

真剣に関心を持って、理解しようとする人がもっと沢山いたら、

きっと原発廃絶への道はあったかもしれないのですから。


昨今の日本は江戸末期に似ているような気がしてなりません。

江戸時代の庶民は公儀の言う事を無理やり聞かされていた…、というより、

「公儀の言う事に間違いは無い、言う事を聞いていれば生きていける。」

と、

政(まつりごと)を公儀に委ねた年月が長過ぎて、

難しい事を考える面倒を公儀に委ねてしまう楽さに

慣れてしまったのです。

それは、明治維新が成された後も

なかなか改まらず、

その事を嘆いた福澤諭吉は

「国民ひとりひとり、自分で考えなさい。たくさん勉強して、情報を分析して、

支配者の言う事に疑問を持ちなさい。国民の‘考える力`の底上げを持って国力を

推進させないかぎり、日本は列強国の餌食にされてしまいます。」

と、『学問のすすめ』で説いたのです。


平成の世では知識、情報の量は膨大です。

そして、あまりにも社会システムが難解で複雑怪奇です。

したがって専門家に考える事を委ねるしかないと、思わされています。

そこを突いてやりたい放題の専門家集団。

「あなた達に言ってもわからないから…」と専門用語を撒き散らして、煙に巻く。

それは政治も経済も…、思考停止の私達。

人命より利権をむさぼるやりたい放題の一部の人々。

それは、やりたい放題にさせていた私達にも責任があるのです。

今回の震災で原発の恐ろしさと管理体制のズサンさ、隠蔽体質が露見しました。

「絶対、安全!!」と言い続けてきた、原発関係者。

「絶対」とクチにするのは無知な子供なのです。

「絶対」などこの世にはありませんから。


これからでも遅くはない。遅いのかな?

それでも

『学問のすすめ』を見直したい。

今まで以上に、政治を、経済を、指導者を、

真剣に見張り、見極めなくてはならいのだと思います。

| マンガ評 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

難事

「人の立場になって考える」が難しい。

いい年なのにまだまだ修行が足りない。(T_T)

| 戯言 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報2

ラジオとテレビの温度差が大きい。


以前から、過度なプラス思考主義に疑問を持っていたけれど、


常にプラス思考で、元気に明るく前向きに!!!!!!

元気に!元気に!元気にっ!!!!!早く、元気に!!


ーって、

人間そればかりじゃ

いられないよおっ!!\(~o~)/



絶望して落ち込めば、死にたくなる時だってある。

そんな時、無理やりやる気を出して、

顔だけで笑うなんて、精神力、体力をどんどん消耗していくだけである。

辛い時は辛い!って表現する事が体力を取り戻す手段でもある。

辛い、悲しい、苦しいを言いにくい環境を作らないでほしいなあ。

後ろ向き、暗い、マイナス指向な考え方を

過度に否定はしないでほしい。


強いストレスに体調をくずした時、回復に時間がかかる。それなのに

「焦らないでいい。ゆっくり取り戻そう。」という言葉をあまり聞かないのも気にかかる。



で、過度なプラス思考主義に走りすぎのテレビ。

それゆえ事実を歪めてまで異常な楽観主義なデータばかりが流される。

さほど重要でない告知にばっさり切断されるコメンテーターの発言。

何かに遠慮して、言いたい事も言えないテレビの出演者。

知りたい事が知らされない一方通行の冷たさ。



それに比べて危機感、嫌悪感、悲観を隠さずたっぷり流してくれるラジオ。

怒って、泣いて、悲しんで、一緒に笑ってくれるラジオの

パーソナリティー達。


ラジオ大好き!!

ますますラジオ依存症が深まるわたくしでありました。



| ラジオ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月