島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

取材

ネタバレするので、どこに行ったかは言わないよん。
いい所でした。勉強になったなあ。
「また来てね。」的なことを言われたので、良いお得意様候補に見られたらしい。
いつもの如く、一般人が撮影しない、
もはや異常な執拗さで変な場所を写しまくるわたくし。
そーーゆーー人はほぼ漫画家なので、そっとしておいてあげてね。
200枚近く写真とって御満悦であります。
ビバ!!デジタル・カメラ!!
フィルムだったらこんなにとりまくれなかったからね。

いい気分で池袋サンシャインアルバ地下一階の「一久庵」にて
呑み!!
つまみもお酒も店員の男の子もイケメンで、なんか幸せ~~。

てな、感じで取材は大成功でありました。!???\(~o~)/
スポンサーサイト

| 取材 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「THE STAR」表紙カラー

star_maga_hyo_08.jpg


おお!なんか同時掲載中の連載作品名が
涙が出るほどなつかしいですねえ(*^_^*)


この絵は単行本の表紙にも使いましたので、
覚えのある方は結構いらっしゃいますね。


以下が原画

1988_star_kc05_convert_20111024002754[1]

| イラスト | 00:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いわくつき「THE STAR」表紙

star_maga_hyo_01.jpg

これ本来なら当時大人気の無表情で踊るのが特徴の
二人組アイドル・ゲラビアがこの表紙を飾るはずでした。
なんとそのアイドルユニットの片方のSっちんさんが体調を崩し、撮影をドタキャン!!(^_^;)
さあ、もう校了までギリギリ!!!大変だ!!
という事で、描くのが早いと、定評のあった島崎さんに白羽の矢が飛んできました。

普段はカラーの締め切りはモノクロ原稿より早いので、ルーティーンのスケジュールとは
別物と考えます。島崎さんは早いのではなくて、スケジュール調整の鬼\(~o~)/だったのです。

島崎さんはしっかり描くと、カラー原稿は丸々2日かかります。
週刊連載していた時も、前々からスケジュール調整をして、
連載原稿の進行に遅れぬよう、休日を返上して描いていました。
それが急に入るとどうなるか・・・・・・・・

それも、「締め切りは明日の昼イチまで」って前日の夕方に言われました。
「いやいや、次回ネームだって明日の夕方までにアップして、講談社で打ち合わせしまきゃ
次にアシスタントを召集する予定が狂ってしまう。予定をかっちり進行する私は
アシさん達に絶大な信用をされているので、
みんな安心して、他の仕事を隙間に入れてしまうので、一日でもずれると、
うちの仕事に入れなくなるのだあ\(~o~)/
だから無理・・・・・
「あなたしか出来る人がいないのだ。」と涙目(うそ!!)で懇願する担当編集。
「編集長のチェック無し(いつもはラフチェック有り。2,3種類描かされる。)で、
自由に描いていいならやる!」って言った。
だっていつも、アップで動きがあって目線は正面で、色は原色で大口あけて迫力のあるものって、
毎回そうで、アップなのに動きがあってって・・・アップなのにい?!ひいい\(~o~)/って感じで
描いていたから、そんなのアングルが限られてくるから
なんか毎回同じような絵を描いてて・・・・・・・ってなわけで、たまには自由に描きたいよお、
と思っていたので、いい機会じゃあと思って言ってみたわけです。

それで引き上げた担当さん。会社に戻ったとたん電話をしてくる。
「編集長がラフを見たいそうなので、至急ファックスで送ってください。」だって!!
うんうん、わかってたんだ。担当さんが嘘つきなのは、
毎回そうだよね(T_T)そっちの無茶ぶりは通すのに、こちらの条件は
まるで忘れたように無かった事にするよね・・・・・・(^_^;)

結局、アップで動きがあって大口あけたもの!!って注文受けて、時間がもったいないので、
そのようにラフを描いて送信。
返事待ちの時間ももったいないんだよおおおお(T_T)

OKの連絡が来て、早速描き出す。
徹夜である。もう、なんだかヤケである!!朝が来て、なんとか完成。
お昼にアルバイトがカラー原稿を受け取りに来たので手渡し、
寝ずにそのままネーム作業。
当時は19ページのネームを2時間で描くなんて離れ業もやっていた。(^_^;)
今度はネームをもって、一時間かけて講談社へ。
「かわいそうだから、今回だけは、打ち合わせにそっちに行ってあげるよ。」
などと、けっして作家を甘やかさない当時のマガジン編集部。
編集部で毎回恒例の放置プレイ(担当がネームを読むあいだ、編集部の片隅にひとり、
放っておかれる。その間一時間から二時間。お仕置き、または見せしめともいう。(T_T))
も欠かさず行われ、
担当の席で、ぼおおおおおお(・o・)と座っていたら、
編集長直々に「今回は助かりました。ありがとうございます。」って頭を下げに来てくれた。
編集長だけじゃなくて編集次長やら、副編集長やら、偉い人たちが次々と丁寧に感謝してくれて、
そこまでしてくれたら、頑張った甲斐があったなああああ(●^o^●)と
少し幸せになったなあ・・・・・・・・・・・という思い出の表紙でありました。

で、が徹夜で描いた原画。

1990_star_maga_hyo.jpg

| イラスト | 21:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

視野狭窄

私の目が悪くなったわけではないですよ。
比喩として・・・・。

今日、相方と近所の吉野家にて、牛鍋丼を食したわけで。
中にはかわいらしいアルバイトの娘さんふたりが健気に配膳しておりました。
お昼時だったので、わたしらの後からも2.3人のお客さんがわらわらと御入店。
あれ~~~?後から来たお客さんのほうを先に注文を受けるふたりの娘さん。
まあ急いでないからいいかあ。
穏やかに見守るわたしら中年カップル。
込んできたのでバタバタしている。あきらかに段取りが悪いふたりの娘さん。
注文受けた品をなかなか注文主の元に持っていけない。いちいち確かめて配膳。
ああ、お客の顔を一度も見ていないのだ!!
伝票と配膳作業で下ばかり見ている。
だから注文品と注文主を覚えていない。
たかだか、満員でも15人足らずの店内。
御存知の通り、店員はカウンターを一望できる牛丼やさん独特の構造。
わたしらが入店したのも気がつかず、マニュアル通りに接客する事に精一杯だったのだ。
そういえば、「いらっしゃいませ!!」っていわれなかったなあ。
それではどの客が何番目に入ってきたかなんて
とてもじゃないけど把握できないってわけか・・・・・。

お茶が置かれていない!を目印に新規の客と判断する娘さん。
やっとこさ、わたしらの元に・・・・。
ちょっと待ったけど、まあ急いでなかったし・・・。
怒ったりしない、優しい中年カップル。

しかし、やっぱり起こっちゃったひと悶着。
隣の隣のおじさんが携帯片手に店外に・・・カウンターに食べかけの牛丼。
私は横目に「あ、電話しに出て行った。」と意識しつつ、
自分の牛鍋丼に集中。
携帯おじさん戻ってくる。「あれ?食べかけの牛丼は?」「え?え?え?」とアルバイト。
「電話しに出てたんだよ、まだ食べかけだったんだよ。」と携帯おじさん。
この段階ではとても穏やかな口調。
アルバイト、おじさんほったらかしで、厨房の男店員に「食べかけのおぜんは?」って
あんたが片付けちゃったんでしょうが!!
片付けられたら、厨房は流しちゃいますよねえ。
それでも食べかけのお膳を探しまくる娘さん。
おいおい、おじさんに一言謝るのが先じゃないのお?
おかしな事に会計済ましていないはずの伝票も伝票いれに捨て・・・(ゴミ箱にみえたぞ、あれ・・・)
突っ込んでいた。
ふたりのうちどっちが片付けたかも判らないらしい。
動作が機械的で無意識に身体を動かしている証拠である。
携帯おじさんが外に出た所も見ていなかったわけだから、
おじさんがあのまま帰ってこなかったら無銭飲食できちゃったわけで・・・・。
無銭飲食多いから、いちいち追いかけるな!無視していい!ってまさかお店の指導じゃないよねえ(^_^;)

で、どおすんのかなあ?って見守ってたら、厨房男子店員が「同じものもう一回作ります!!」って言った。
早く言えよ!と思ってたら、携帯おじさん、「いらん!そんなに食えん!!」まあ、そうだよねえ。
じゃあ会計で半額に・・・と思ったら、ちゃんと取ってる。
そこでもアルバイトの娘さん、マニュアルとおりに会計済まそうとするから、
携帯おじさんとうとう怒っちゃった。
「ちゃんとあやまれ!!」「え・・・」たじろぐ娘さん。
自分が片付けちゃったか記憶がないので、謝る気持ちになれなかったのが見てとれる。
「あやまれ!!!!!」大きな声!!あ~~あ。
「すみません。」おずおず小さな声。なんだか形だけ・・・。
根は人が良さそうな携帯おじさん。
しっかり全額払って出て行きました。
そのあと、店員同士で軽い反省会。「私が片付けたかも・・・」と怒られなかった方が言い出す。
この段階でも、「かも・・・」いや、たぶん「片付けた」のだ。
「わたしのせいで怒られて、ごめんね。」だって、
あんた、「私が片付けました。申し訳ありません。」って携帯おじさんには
あやまらなかったじゃん!!!その子に会計まかせて
知らん顔で他の配膳してたじゃん。
などと、責めたりせず。店員同士では「いいよ。」「いいよ。」と優しい空気が・・・。
いいのかあ?
と、牛鍋丼をもう少しで平らげる寸前の私。
相方のとなりの眉毛の濃いごつい顔のおじさん(私はなぜかちゃんと顔をみている(^_^;))が会計をすると、
無実の罪で怒られた方の娘さんに、
「あんたは悪くないよ。あのオヤジ無銭飲食野朗だ!!」
いやいや!!無銭飲食してませんから!!むしろ、携帯電話がかかってきて、わざわざ外に出た
常識のあるタイプと思われ・・・・。
無茶苦茶言ってアルバイトの娘さんを慰めて帰って行きました。
いやああ、いくらかわいい若い娘さんの気を引きたかったとはいえ、
そんな出鱈目いっちゃだめでしょお、おっさん!!<(`^´)>

まあ、そんな一連の出来事を無言で観察していたわたしらは、普通にお会計を済ませて、店外に。

「おもしろかったねえ。」不謹慎な中年カップル。
私はそれでも、
「あれはマニュアルを消化するのに精いっぱいで、手元しか見ていないから起こるトラブルだよ!
店員たるものお客の顔をしっかり見て、店内中を視野に入れておかなきゃダメだよ!!」
と、若くてかわいい娘に手厳しい中年おばさん。
「いやいや、一言、電話するんでちょっと出るから、これ、このまま置いておいてね。って断わって
外に出るべきだったんだ。あの携帯おじさんにも非はあるよ。」
と、やっぱりかわいい女の子には甘い判定を下す中年出っ腹相方。

むう、結論は平行線なのでありました。



| 戯言 | 19:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼやき

私めの最新刊単行本「お江~信長の系譜」より。

ogo_4c_03.jpg
 
まだ売っておりますので、
買ってやってもいいかなあ、と思われた方は右側amazonへのリンクから
アクセスして下されませませ。(●^o^●)


イラストアップしておいて、なぜ‘ぼやき’か・・・・。

相方から聞いた話でありますが、
超有名アーティスト・小田和正氏は
毎年、「クリスマスの約束」という、クリスマス・ライブを主催し、
12月24日の深夜にテレビ放映しておりまして、
小田和正大ファンの相方はそれはそれは楽しみにしております。

「収録放送といえど、ライブの生歌が聞けるのだから、ファンならば
垂涎(よだれがでるほど欲している事)ものの放送でしょ?」と私めが申しますと、
「それが、歌になると視聴率が下がって、MCになると上がる(~_~;) と、小田さんがぼやいているのだ。」
との返事。
「??????????」どーゆー事???????
それほどファンではない私でさえ、歌の素晴らしさはビンビン伝わるし、生で聞ける
チャンスがあれば、それほどファンじゃなくても勇んで行っちゃうと思う。
それに比べて、MCは すんごいファンならありがたいって判るけど、
それほどファンじゃないと、お世辞にも
話し上手でもないし、サービス精神もないし、ぶっちゃけそれほど面白くない・・・。
「テレビといえど、私だったら、MCいらないから歌だけ聞きたい!!」
とまで、ファンの方々からきつ~~~いおしかりを受けるのは承知の上で
一般人の感想を持ってしまうのでありました。

小田さん本人だって どっちかといえば
音楽の方を楽しんでもらいたいと思うし・・・・。
歌になってチャンネル変えちゃう奴って、どんな気持ちで番組見てるんだよ?
意味わかんねえ・・・・おっと、言葉遣いが・・・すみません。育ちが悪くて(^_^;)

もっと、怒られそうな事を図々しく言わせて頂きますと、

私めの当ブログにおいても、そのような傾向がござりまする・・・・・。
怒りっぽい私が、ぐちゃぐちゃ愚痴っている戯言をアップした時の方が
秘蔵?(~_~;)のイラストや
掲載雑誌の告知をアップした時よりアクセスが伸びます。
かといって戯事が大人気!!ってわけじゃないけど、
イラストより、ほんの少し反応が多かったりします。
つ~~~~か、イラストの時のすんごい閑散ぶりには
さすがの厚顔無恥な島崎さんも凹みに凹みます。

天下の小田和正と並べて物を語るな!!!!!

え~~~え~~~、判っておりますとも!!!!!!はいはい!!!ごめんなさい!!!
(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

私の絵って魅力ないんだあああああ!!
そりゃあ、
萌じゃないし、ボーイズラブじゃないし、ティーンズラブじゃないし、
妹ラブでもないし、ショタコンでもないし、
ロリでもエロでもねえよっ!!

うわああああ、今流行りをひとつも描けていない!!!\(~o~)/

流行じゃなくてもニーズが無いのは確かなのだ!(T_T)
よく今の今まで漫画家として食べてこれたもんだぜっ。
よっぽど運がよかったのだ。いや、運だけだったのか?
逆にこの程度の低レベルな才能でやってこれたことを
神に感謝しなきゃいけないと、後ろ向きなんだか前向きなんだか
わからない理屈で自分を慰める今日この頃であります。

| イラスト | 04:03 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「ポチの告白」

ポチの告白 [DVD]ポチの告白 [DVD]
(2010/03/15)
菅田俊、野村宏伸 他

商品詳細を見る


観た!!
3時間以上ある長い映画だったけれど、最後まで緊張感を持って目が離せなかった。

内容は
日本警察の暗部をえぐりだす!!って話。
フィクションだけれど、どこまで本当?って思わす恐い話。
記者クラブの存在なんかは
かなりリアルに描いてたから・・・・・(^_^;)

テレビや大手新聞ばかり見ていたら、幼稚化して、思考停止になってバカになっちゃう、と、
改めて思う今日この頃。
映画や小説のなかに、現実の厳しい告発が隠されているんだなあ。
一見、くだらない芸能界のゴシップとエログラビアに
混じって、実は新聞より足でかせぎ、掘り下げた記事を載せてる週刊雑誌とか・・・・。
情報を識別していく能力、『リテラシー』!!って言葉がネットで流行っているけど、
いやいや、ほんとに大変なんだね。

現実の暗部を知ったからって、いち市民の自分じゃ
どうしようもできないし、
かと言って、今さら権力の下で媚るポチにもなれないけどね。
私みたいなのは、本当に何やっても中途半端!変わり者!!(^_^;)
生きていくって大変・・・・・・(^_^;)

| 映画 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。