島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

≫ EDIT

有紀蛍・・・じゃなくてケイ!

劇場版「キャプテン・ハーロック」感想の続きです。

原作(マゾーン編)では、優秀な戦闘員でありながら
「男に恥を絶対かかせてはいけない!!」
をモットーにアルカディア号に搭乗したばかりの台場君に
わざと助けてもらうように仕向け、
台場君のプライドを維持させようと努めた
大和撫子な有紀さんも、
劇場版では男であろうと容赦なくぶちのめし、
蹴散らす女海賊・ケイとなって登場!
男のプライドなんて馬のクソ程度にしか考えていませんねえ、きっと。(^_^;)
私はそれはそれでそんなケイちゃんでも結構好きです。
なんたって凄い美形!!!

というわけで、またまたお絵描きしてみました。
今回はネタばれ注意です!ん~?ネタばれなのか???

≫ Read More

| イラスト | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劇場版「キャプテン・ハーロック」

201309190501000.jpg

少し前に観に行ってたんだけどね。

ネットでは批判的な意見も上がっているけど、
悪口が上がるのは多くの人が興味を持った証だものね。
私的には「面白かった!カッコ良かった!スケール大きい話で気持ち良かった!!」
です。

それで、落書き

20130920harlock.jpg

悪そうですねえ(^_^;)
今回のハーロックはダークヒーロー。
原作漫画、テレビアニメのマゾーン編でも999に出てきたハーロックとも
ちょっと毛色が違いました。
ハーロックの下で成長する若者も台場正じゃなかったし、
エメラルダスもまゆちゃんんも出てこない
新たな世界観のもとに構築された物語。
私は平行宇宙世界のハーロックとして「あり!!!」でした。
声もね。。。もともとあまりしゃべらないし、
まあいいか、と。

そしてもう一枚落書き

20130925harlock2.jpg

落書きのつもりが興が乗って描き込んでしまいました。(#^.^#)
資料がプログラムしかないのでコスチュームはデタラメです。
今回の映画はこの兄弟の確執ドラマが結構楽しめました。

| 映画 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バチ丸37の新作公開!

私めの相方・バチ丸37の新作漫画をパブーさんにて公開致しました。
無料ですのでお気楽にお楽しみください。

kabaR.jpg

こちらからアクセスお願いいたします

http://p.booklog.jp/book/77196

他にも多数作品アップしております。
宜しければこちらもご覧下さい。

http://p.booklog.jp/users/bachimaru37

| 告知 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔描いた小次郎

19840425_kojiro.jpg

漫画の仕事が安定せず、宙ぶらりんでダラダラ過ごしていた時代。
この頃夢中になって読んでいたのが
吉川英治著「宮本武蔵」!!
乱世に生まれていたなら天賦の才を以って一廉の武将として
名を世に知らしめたであろう武蔵。
惜しむらく生まれたのが平定に向かう江戸初期。
エネルギーを持て余し
暴れまくって投獄されること2年!
「むうう、武蔵でも貴重な若い時代を閉じ込められて
ムダにしたのか・・・・・・
ならば自分など時間を無駄にしても仕方なし・・・・・」などと
天下の剣聖の人生と己の不甲斐無い生活を不遜にも勝手にリンクさせて
無理やり慰めていたものです。

上記の絵はその頃かいたもの。
その後宮本武蔵は私の拙著「THE STAR」で取り上げる事に・・・・。

ついでに同じ頃描いたと思われる下記の絵。
何で描いたのか?
覚えていませんが、
とにかく、自分の行く末が見えなくなっていた時代なので
描くものも迷走していたと思えます。

19840613_image01.jpg

そしてもう一度、小説「宮本武蔵」。
晩年の武蔵は欲を捨て、人との交流を断ち切り、山にこもって
ひたすら「五輪書」の執筆に励みます。
仕事を断ち、家にこもり、
ひたすらし続ける
現在の私もまさに武蔵の晩年とリンク・・・・・・おいおい


| イラスト | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマト絵描いたです!

仕事でも誰に頼まれたわけでも、
まして、「ヤマト2199」の最終章支援などでは絶対ありません。(依怙地!!笑)
ただ描きたいから描いた!!
それだけです。(^_^;)

20130831yamato.jpg

旧作、白土武さん作画監督のドメル将軍に近いですねえ。(●^o^●)


20130830yamato.jpg

グラスの中は例のガス生命体です。フフフフ・・・・。

20130825yamato.jpg

古代兄弟!

20130826yamato.jpg

やっぱりイスカンダル星人は色トレス!サーシャとスターシャ。

20130829yamato.jpg

『永遠に』からの真田澪。「お・じ・さ・ま!見て、見て!!わたしよ。サーシャよ!!」の場面。
この前後の古代君のリアクションも描いてみたいなあ・・・・(#^.^#)

また描くかも・・・・今回はこれまでです!!

| イラスト | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔描いたレインボー戦隊ロビンだよ。

最近、人様の同人誌に「アンチでもいいですよ!」という許可をいただいて、
「ヤマト2199」に対する怒りイラスト(^_^;)を4枚寄稿したりなどしましたが、
(に載っています)

201309011502000.jpg
(中身一部分抜載)

201309011503000.jpg

正直、私の愛していた「ヤマト」のツボをまあ、見事なくらい除外し、否定し、
捻じ曲げてくれた「2199」大っ嫌いです!!
私の感性が全否定されたかのように作られた物を好きになれるわけありませんよねえ(T_T)
実写版でも、キムタクの演技にもにょっとしつつ、かろうじてツボは掴んでくれていたのに・・・・・
好きな人本当にごめんなさい。(T_T)私の旧作への愛情は異常なのです。(T_T)(T_T)(T_T)

いやいやそうじゃなくて・・・・\(~o~)/
 
私は基本、パロディ能力が足りないので二次創作同人誌活動はやった事がありません。

しかし、子供時代に夢中になって現実逃避した作品群への溢れる愛情の持って行き場として、
ごく身近の友人たちとイラストのやりとりなどをしておりました。
その一部が発掘されたので、晒します。

「レインボー戦隊ロビン」より

ro03.jpg

「グレース星の女王」
主人公とそっくっりな女王様!!・・主人公がそれだけ美少年だったって事ですねえ。(●^o^●)

ro02.jpg

「てんやわんや作戦」

ro01.jpg

「リリーにおまかせ」
本来は看護師ロボットでロビンのお母さん、お姉さん、恋人的存在のリリーが
主役になって活躍すると性格の大雑把さと豪胆さ(^^)が発動して
ドタバタコメディになります。楽しかったですね。

ro04.jpg

「西部のロビン」
西部劇映画へ出演する事になったレインボー戦隊の面々が映画にかこつけた事件に
巻き込まれて・・・結構ドタバタ。ロビンとウルフのガンさばきはかっこよかった!!
しかし、これが最終回なんだよね。
事実上の最終回は前半の「パルタ星さいごの日」なんだけどね・・・・。
あ!そういえば敵の母星の寿命が尽きていて、住み替えるために地球を侵略していたって・・・
設定どこかで・・・(^_^;)
ロビンのパパが実は侵略者のパルタ星人の科学者で、、
地球人のロビンのママと恋におち、母星を裏切っちゃうところとか、
パルタ星には他の星への侵略に反対するレジスタンスがいたりとか、
ドラマは奥が深かった。
単純な勧善懲悪じゃなかったところが凄く気に入っていましたね。
パルタ星との戦いが前半で、
後半は地球上で起こる細々した事件を解決していく話になって、
コメディ要素が増えましたね。
私は全編通して大好き!!
全話ブルーレイBOXにして販売して欲しいっす!!!!\(^o^)/




| イラスト | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月