島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蝶子のため息

真・青竜の神話』制作作業中。
まあ・・・いい年なので夏バテ気味の私でありますが、
このコマをリアルタイムで描いていた頃も
相当疲れが溜まってきた頃だったなあ・・・・と。
新人で初週刊連載で、
なんとか人気を取って連載を続けるために
増ページに次ぐ増ページを自ら勇んで引き受けておりました。
誰にも言えないこの一言を

m098.jpg

登場人物と同調させて語らせました。

気持ちの入った1コマです。(^_^;)

漫画家は秘めた思いが多いほど創作に真実味が加わるのかもしれません。

今はブログやSNSで感情のお漏らしが出来てしまいますが、
それがかえって仇になっているのかもしれませんねえ。
スポンサーサイト

| 戯言 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「009」絵

去る7月19日は50年前に
名作「サイボーグ009」が週刊少年マガジン誌上で連載が始まった日!という事で
「009の日」と謳われております。

私がマンガを好きになり、漫画家を目指した原点の作品です。
いつまでもいつまでも原作リスペクトですので、
何もひねりなく真似して描いてきました。
パロディでもなく、オリジナルでもなく
つまらないかもしれませんが
永遠の敬愛を込めて・・・。

20140719ゼロゼロナイン2

にせものなので(^_^;)タイトルロゴはもちろん別物にしておりますよ。

| イラスト | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「売る」という事

自主制作電子版で本を売るようになって、
もっと売れるにはどうしたらいいかあ・・・・といろいろ探ったりします。
商業誌作家の時には欠片も気にしなかった事柄を考えるようになって、
使わなかった脳の領域が活性化して沸騰しそうです。(^_^;)

電子書籍の販売の良い点は紙の本のように定価が決まっておらず、
どんなに安く売ろうが、無料で見せちゃおうが、逆に高額で売ろうが自由な事です。
期間限定で安売りセールもできます!!

しかーし・・・・・!!
値引きとか、バーゲンセールって、
「鮮度が落ちましたけど、それでもいいなら」食品。
「流行遅れになりますけど、それでもいいなら」衣料。
「型番落ちですから・・・・」家電。
といった事が前提で、まあ大抵、「在庫処分」ですよね。
またそれを元の値段に戻してへらっと売る事なんてほとんどありませんよね。
売れないし・・・・(^_^;)
しかーし、電子書籍の世界では定石のように行われています。
それも「売る」ために。
期間限定の1話だけ無料試し読みや値引きをすると
1度落ち込んだ売り上げが再び盛り返すそうなので、
たびたび、行われます。
で、値引きは期間限定!!期間が過ぎると
へラッと元の値段に戻して売っています。
そりゃあ、電子書籍は痛んで腐るわけでもないし、流行が(少しはある!)あるわけでもないし、
在庫が溜まるわけでもないし。

いやあ、別に・・・・いいんですよ。売るためだもの!!!!

しかーし、売り出して即行で購入して下さるのは
ほとんどが、ありがたい大切な貴重なファンの方々です。
前々から熱い応援を続けて下さったファンの方が定価で購入して、
「安いから試しに買ってやろう。」って通りがかりの人が格安で手に入れて得をするのは
どうか・・・?と思います。
まてよ・・・・そうか?
試しに読んでやろう。って新規のお客様も大事は大事ですね。あひ~~~~\(◎o◎)/!
ほ~~~~ら、私の脳が沸騰仕出しました。

まあ・・・しばらくは下手な欲こかずに、実直に細々と「定価勝負」致します。
待っていても値下げしませんよお。

ん?待ってなんかいない?
こりゃまた失礼致しました。(>。<)

でもね、電子書籍の最大の利点はそれこそ物品の在庫が無いこと。
1年でも10年でも100年でもストアさえ続いていれば売り続けられる事です。
私のような、瞬発力のないジワジワ売れるタイプの作家は
現在の紙の出版業界の諦めの超高速さ(^_^;)の中においては
結果を出しようがありませんからねえ・・・・・・・・。

| 戯言 | 16:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パブー版『真・青竜の神話』4巻、公開販売開始!

販売開始致しました!

宜しくお願い致します!!


 
20140710表04

表紙は高野長英!
新たなる登場人物、蘭学者・高野によって、由羅の正体が明らかにされ、
岩倉の野望が暴走し、豹馬に再び刺客が襲いかかる!
巻末に私が雑誌連載前に描きまくった準備稿を集めて収録。
今回は由羅のデザイン画を中心に、
当初の企画だった『忍者モノ』からの変遷をお楽しみ頂けましたら幸いです。

試し読みできます!!
こちらから閲覧購入頂けます
http://p.booklog.jp/book/88023


| 告知 | 17:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

髪の毛が刺さる!?

サンダルで歩いていたら足の裏がチクチクする。
ゴミでもついているのかと帰宅してからマジマジ見てみる。
サンダルには異常なし。
足の裏?・・・・・・・あんぎゃ~!!\(^o^;)/
どゆことーーーーー?????
3センチくらいの髪の毛が真横に表皮の透けるくらいの位置に刺さっている!!
驚愕!!

こんなふうに 

20140709.jpg

「髪が刺さる」でネット検索したら経験者談が結構な数あがっていた。
意外によくあることなんだあ・・・・・(^_^;)

・・・・というわけで、針で皮膚を破って先端を引っ張り出し、刺抜きピンセットでスル~と抜いたのだ。
自分でやったわさ!!身体が柔らかくて助かった(^_^)
なかなかの剛毛!誰のだ?自分のか?考えるの止めよう。

つまり、チクッとわらわの柔い足(^^)の皮に刺さり、わらわがガッシガッシ歩いているうちに
髪の毛がぐいぐい刺さり込んだ!という経緯であったのだな。

抜いたあとはうっすらと赤い線となって残ったが、
まあ大した事ないのですぐに消えるでしょう。


| 戯言 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「真・青竜の神話」2巻の表紙イラストについて

2巻の物語ではまだ幼顔の残る主人公・草壁豹馬。
という事で描いたのが以下のイラストです。 


20140413hyoma.jpg

一枚絵だったらまあまあかなあ(^^)と思ったら
竜次と並べたら弱い!これでは豹馬が負ける!!・・・・という理由で没!!(^_^;)
始めから並べて描けばいいんです。そうなのです。

で、並べるつもりで描いた
今の絵柄で出力120%で描いた竜次。  

20140413ryuji.jpg

別人になってしまったので没!!(^o^;)  
描いてる途中で気がついたのですが、なんかカッコよかった(自画自賛;)ので
最後まで仕上げてしまいました。

結果、落ち着いたのが以下の表紙です。

20140326表02 

ご興味を持たれた方は
こちらからご購入頂けます。

パブー版
http://p.booklog.jp/book/85044


宜しくお願い致します。

| イラスト | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心機一転!

おし!気持ちを改めて自主制作がんばるぞ!!!!っと。(^_^)

以下の画像は「真・青竜の神話」3巻に収録した書き下ろしページの一部です。

m03_073.jpg
m03_076.jpg

ご興味持たれた方はこちらから
ご購入頂けます。

パブー版 
http://p.booklog.jp/book/86893


宜しくお願い致します。



| 戯言 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。