島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KDP始めました!!

KDP始めました!!


KDPとはキンドル・ダイレクト・パブリッシングの略です。
つまり、
出版社を介さず著作者自身が
キンドル・ストアにて自主制作本を売れるサービスの事です。
詳しくはこちら

https://kdp.amazon.co.jp/

そしてこのたび私の著作作品
3冊同時発売致しました!



どれも紙の単行本未収録作品です。
どうぞお買い求めのほど、宜しくお願い申し上げます。

「絶版マンガ図書館」経由のキンドル本も販売されておりますので、
島崎譲の全タイトルはこちらでご確認下さいませ。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_i_2_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E5%B3%B6%E5%B4%8E%E8%AD%B2&sprefix=%E5%B3%B6%E5%B4%8E%2Cdigital-text%2C234

そして!!


キンドル本はKindle端末をお持ちでなくても

ご購読頂けます!!



iphone、 ipad 、Android携帯、 タブレットPC、Windows Mac PC等でもご覧頂けます。
以下のサイト画面から無料アプリをダウンロードしてください。

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/ref=sv_kinc_2?ie=UTF8&docId=3077089376

9月からPCの大画面ビュワーで閲覧できるサービスが開始されたようです!
(2014年12月26日現在)マンガと雑誌だけのようですが
スマフォの小さい画面で難儀されていたユーザーには待ちに待ったサービスですね(^_^)
すでに購入済みの本も同調して閲覧できますので、お試し下さいませ。

ではでは、個人商店を始めた島崎をどうぞご贔屓下さいますよう
宜しくお願い申し上げます。



スポンサーサイト

| 告知 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Merry Christmas !


20141224クリスマス

先日、ツイッターで流した画像を少し修正しました。

おっぱい愛が足りなかった!!(>_<)
ので・・・・(^_^;)

皆様、素敵クリスマスをお過ごし下さいませ。

| イラスト | 13:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DVDで「乾き。」観ました!

えげつない内容でした!!
カナコきゃはははははーーーー!!の図。

20141210kawaki.jpg

生理的に嫌いな人も多いんじゃないかなあ・・・・。
凶悪レベルは「悪の経典」を少し上回って、「冷たい熱帯魚」を少し下回るくらいかなあ・・・(^_^;)


渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]
(2014/12/19)
役所広司、小松菜奈 他

商品詳細を見る


しかし、映像がスタイリッシュでテンポが軽妙、音楽の使い方もツボだったので
私は十分楽しんでしまった。
役所さんの120%暴虐演技はもう笑っちゃうくらい凄かった!!
脇役にも豪華な出演者がキレキレの役をノリノリで演じていて、そこも楽しかった!  

こうゆうのを観てカタルシスがあるって、自分の中にも危険な要素があるのかも・・・・
な~~~んて疑ってみたり。(^_^;)
ああ、でも同じ凶悪映画でも「冷たい熱帯魚」は気分が悪くなるほど嫌い。
同じ園子温監督作品でも、「愛のむきだし」


愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘、満島ひかり 他

商品詳細を見る


とか、「ヒミズ」


ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/07/03)
染谷将太、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る


は、かなり好きな映画。
内容は同じように凶悪でも、何がちがうかなあ・・・・といいますと、
主軸がティーンエイジャーである事。

う~~ん、自分自身、学生時代にキラキラの青春メモリーが欠片も無いからか・・・
なにか鬱積しているのか?
どんなに非道な話でも「若者」という新鮮な存在にまだ救われる!といった
感じ方なのか?
満島ひかり、二階堂ふみ、小松菜奈、美少女女優のエキセントリックな魅力なのか?
危なっかしい十代の少女を扇情的で美しく映像に収める映画監督の手腕に感嘆しているのか?

全部だな!!


| 未分類 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。