島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

○○してア・ゲ・ル!?

意味深なタイトルすいません。

最近、気になってる「~してあげると、~。」って言い回しの事です。

なんか違和感あるんだよん。



はじめに聞いたのは美容院。

「毛先が痛んでいるので、まめにトリートメントしてあげて

栄養を入れてあげると、いいですよ。」

はあ??自分が自分の髪をトリートメントしてあげる

「人の髪をトリートメントしてあげる。」

なら、文章として正しいけどさ。

美容業界の人が頻繁に使ってるよね。

「お風呂で(自分の)足をマッサージしてあげる

ムクミがとれますよ。」とか。

「三日に一度はパックをしてあげると、肌が生き返りますよ。」とか。


本来~してあげるって、

親しみを持っている自分以外の人間に対して

~してやる
の丁寧語なわけで、

それが足だったり肌だったり髪だったりを、擬人化する事によって、

「お客様の身体の部位全て愛する子供のように大事に感じています。」って

表現したい訳なのね。

って事で、まあサービス業の思いやりと気遣いから生まれた言葉遣いとして、

理解もしましょって感じだったけど、

訳もわからず流行で使い出している人を見つけちゃうと気になるのでありました。


「ワンピースの襟元にレースをつけてあげるだけで、

女性らしさが増します。」

これはマネキンが着けていた服に対して

デザイナーが説明していた一部分。

これでは、お客様の身体の部位どころか

自分でデザインしたワンピースを擬人化して

ワンピース`さん`に丁寧語を使っている事になりますぞ。


「魚に下味をつけてあげると、臭みがとれます。」

「この花瓶を置いてあげるだけで、部屋全体が華やいだものに…。」

「下敷きを頭でこすってあげると静電気がおこります。」

もう、訳がわかりません。


「語尾まではっきりと発音するようにしてあげると話相手への

印象が良くなります。」

これはコミュニケーション・アドバイザーって肩書きで、

言葉遣いを教えてお金取ってる先生が

TV番組でお話された一部分。


こうゆう言い回しも、

たくさんの人が使う事によって、

いつかは‘有り‘って事になるんでしょうなあ。いいのかなあ


己の乱れた文章を棚に上げて、書かせて頂きました。


| 戯言 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
わ、分かります!
自分も普段ムチャクチャな日本語をつかってるのに。^^;)
よく「ン~~~~?」と思うのは、料理を説明してるとこと、美容関係ですね。
「ゴボウとにんじんを千切りにしてあげて」「軽くあぶってあげます」
「よくパッティングして、お肌に浸透させてあげます」
ついテレビに向かってリピートしちゃいます…。
テレビ相手ならいいけど化粧品の説明を受けてるときに、真顔でリピートして
しまうのは直さなきゃとは思うのですが。

| れい | 2010/03/26 04:31 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> れいさん、コメントありがとうございます。

私だけじゃなかった!よかった!!
同意して頂いて嬉しいです。

私もマンガのネームは熟慮するのですが、
日常会話はむちゃくちゃなんですけどね~~~。(^_^;)

| 島崎譲 | 2010/03/26 19:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/174-808cd52d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。