島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

告白

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


面白かった。

一気に読んだ。


でも、お世辞にも後味のいい小説とはいえない。

私的には「面白いのだけれど、好きにはなれない」話。

これ、マンガの「宮本から君へ」と同じ印象。

面白くて止まらなくて、一気に読んだけど好きじゃない


定本 宮本から君へ 4定本 宮本から君へ 4
(2009/04/16)
新井 英樹

商品詳細を見る


映画もヒットしてるらしいね、それも大ヒット。

監督や主演が好きだから私も観たいな~~~~って思ったけど、

こんなに物凄くヒットするとは思わなかった。

だって、相当暗くて救いがない内容だし…。


って、でも、そうゆう時代なのかな~。


良い人やってても何も報われなかったり、

大きな憎しみは見えなくても、

真綿で締め上げられるような不快感にジワジワ苦しめられる感じとか。

悩みも多様化しちゃってるから、

なかなか共感を得られず孤独になっちゃうとか。

紛争地帯の国なんかに生まれるより

ずっと暮らしやすくて幸せなはずなのに、

裕福なピンク色の世界を築くその下で

踏み台にされて、使い捨てにされたぼんやりした

欲求不満が渦巻いているような……。

そんな風に‘今`を思えてしまうのは、

少しばかりナーバスになってる自分だけかな?


だから、この小説が面白いと感じてしまうのかもしれない。

映画に足が向くのではないのかなあ!?

安いハッピーエンドなんかより

逃げ場のない極端な救いの無さに

己のドロドロしたものがマシに感じるのかもしれない。

あれ~~、自分危ないのかなあ。

大丈夫!!

明日もみんなが期待する、真面目で大人しい(都合の)良い人に

なりますから!!あれ~~!?大丈夫!?




なんだかんだと、カタルシス感じたし、

最近読んだ小説の中で一番面白かったどすえ。

| 読書 | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/197-a96cbf30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。