島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メールフォームへのお返事

maomaoさん、メールありがとうございます。
大人になると、マンガから離れていく方はたくさんいらっしゃると
思います。
離れさせないこと、大人にも魅力ある、面白いマンガを送り続ける事が
私達、プロの漫画家の使命と思います。
しかし、商品である以上、利益を出さねばなりません。
どうしても利益の出る傾向に偏ります。
不景気になると、一般の方が切り詰めるものは
衣食住以外の娯楽関係ですよね。
そうすると、娯楽品を買うのはマニアの人々に限られてきます。
マニアの人々の好みというものは、やはりこだわりのある人々なわけですから、
一般の人には理解の難しい独特の作風を好みます。
制作する方もある程度の利益が予想できやすいそちらの傾向に焦点を持っていきます。


しかし、そのようにこだわりが強すぎて、独特な商品は一般人には理解されず、
ますます、商品離れが酷くなる…といった傾向になります。
しかし、制作者側も不景気ですので、冒険はできません。
そして、ますます利益の出るマニア向けの商品制作に拍車がかかり、
ニーズが狭く狭く、縮小されていく……。(T_T)

私はマニアックなものが悪いとは言っていません。
ある、ひとつの方向に偏っていく事が悲しいのです。
マンガが多種多様化し、個性豊かな作家が生まれ、売れていくためには、
世の中が平穏で、ある程度余裕がある事が必要だと思われます。
手塚治虫先生が戦争を憎んだのも
自分の愛する表現手段を封じ込められた事が
ひとつの大きな要因です。
今は戦時中ではありませんが、決して豊かな好景気でもありません。
閉塞感は拭えませんね。

私の作風はボーイズ・ラブでも、ティーンズ・ラブでも、エロでもロリでも萌えでもありません。
それでも隙間を縫って、マンガを描き続けていきたいと思うのであります。


そして、この国が今よりずっと住みやすいものになる事を祈って止みません。


ごめんなさい、maomaoさん、なんかお返事じゃなくて、
私のぐだぐだ話になってしまいました。(T_T)

| ご挨拶 | 04:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/362-d7b5713d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。