島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンガの神様の本

神様の伴走者 手塚番13+2神様の伴走者 手塚番13+2
(2010/09/30)
佐藤 敏章

商品詳細を見る



著作者御本人佐藤敏章さんから直接頂きました。
面白かったです!!ありがとうございました。
手塚先生に関する本は私も何冊か関心を持って読んでおりましたが
その中でもこの本は手塚先生への敬意と愛情が感じられるお勧めの一冊。
内容は「手塚番」と呼ばれた
手塚先生の原稿受け取りに命を懸けた(^_^;)担当編集者の側から見た、
神様の神様たる生き様を浮き彫りにしたものです。

今でも語られる
「締め切りに追われている。徹夜をする。編集者をてこずらせる。」的な
一般人の漫画家に対する強固なイメージを作り上げたのも神様!!
あんな魔人のごとき仕事量をこなしていたら当たり前の現象なのだ!!が、
そのイメージはもはや漫画家という商売の夢の一部分のようなのだ。
私程度でも漫画家だと知られると一般の人は決まって
10人が10人嬉々として
「締め切り、大変なんでしょう?」と切り出してくる。
しかし、少年誌の週刊連載をしていた当時の私は
「締め切りはきっちり守っている。徹夜をしない。
時間を守らず宇宙人のように会話が噛みあわず、脅迫して自信を喪失させ、
常にこちらのモチベーションを崩し、自分の持ち作家の生命力をなぜか絶とうとしてくる
編集者にてこずっている!」と、
ことごとく逆を言う私に、
がっかりする素人さんが続出したので、
少し前から
「締め切りには本当に毎回ヒ~ヒ~いっている。徹夜もする。
我儘を言って担当編集者を困らせている。」と期待に応えて
嘘をついて答えるようにしたら
とても喜んでくれるれるので
ずうっとそう返していたら、最近では
本当に我儘になって締め切りに間に合わなくなってしまった!!
言葉は恐ろしい!!行動に影響が出る(~_~;)むう・・・・


それから、この本の中で何度も名前のあがった名物編集長が
なんとも魅力的。
御存命中に是非ともお目にかかりたかったです。ちょっと、恐いけどね。

| 読書 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/381-df30e4b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。