島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「こころ」を読む

遅まきながら、夏目漱石著「こころ」を読了。
私の様な精神年齢の成長が酷く遅い人間は大人の見識と経験を
踏まえなくては
この作品の真の趣は理解できないです。(~_~;)
歳を重ねて経験積んで
やっと追いついた~~~~、って感じです。
孤独と淋しさが人の心を壊していく怖さを
今だからこそ実感できます。

で、私が購入したのはこちらの書籍

こころ (集英社文庫)こころ (集英社文庫)
(1991/02/25)
夏目 漱石

商品詳細を見る


カバーイラストの小畑健先生の骸骨!!上手いですねえ!!(^^)

解説はお二人の作家さんがお書きになっています。
私が若かったら女性の作家さんの解説に共感したと思うのですが
しっかり老成(!?)した私めは
小説を俯瞰で読む技(時代背景を考慮し当時の価値感を想像しつつ読む事)を
習得していたわけで・・・(エッヘン)
書生と師の恋愛感情に近似した「精神的親族」つながりや、
この時代の女性の社会的立場の弱さと男に頼らなければ生活が
ままならない心細さを曲解することなく素直に受け止めて読了出来てしまいました。

大人になったな~~~自分。
すんげええ、いい年なんだから当たり前なんですけどね。(~_~;)

| 読書 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/413-ca0e2130

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。