島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画館で「風立ちぬ」観了!

言いたい事を言うため下記の作品をまず掲げます。

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
(1987/07)
宮崎 駿

商品詳細を見る


言わずと知れた漫画版「ナウシカ」です。
私はこれを「100%ナウシカ」と勝手に呼んでいます。
作者である宮崎さんが描きたいことを全て描き表した!!という意味で
100%!!!漫画版は膨大なエピソードと難しい政治社会、戦争の
話、暴力、虐殺、を縛りなく描き切っていて、
子供向きではありません。(ナウシカが敵の生首を蹴り放つとこなど、見せたくないでしょ?w)
私はこの漫画版が大大大好きで、できれば「もののけ姫」なども
100%漫画で読んでみたいと願っています。

で、何が言いたかったのか・・・・
アニメ映画の方はは宮崎さんが「子供が楽しめるように」という配慮の上に
膨大で複雑なエピソードの判りやすい頂点だけを抽出して構成したものであると
推測しております。はい!私の推測!!
つまり、逆を辿れば、映画の短いカット、台詞の下には
膨大なエピソードが埋まっていて、宮崎監督は観客がそれに気が付いてもいいし、
気が付かなくても充分物語を味わえるよう計算しているように思えてなりません。

そして、やっと本編!今回劇場観賞した「風立ちぬ」です。

201307251850001.jpg

これは宮崎駿監督初の「大人向け」映画です。
予想以上に大人向けだった!!です。
台詞の下に埋め込まれた膨大なエピソードの量が尋常じゃなかった!!!!
これは結構親切じゃない!大人ならこのくらい察しろ!!と言わんばかり!
宮崎監督は観客を楽しませ、そして試している!?
観ながらいろいろな事を考え、経験、知識が引き出され、
脳ミソフル回転で観賞するはめになりました。
私は、そこが楽しかったし、感動したし、泣きました。
そして何度も観直したい!
たぶん観る度に新たなエピソードを掘り当てることが出来る。
ひとつの作品から沢山ものを考えて、
人と語り合ってみたい!と思わせる作品です。
私は「名作!!!!!」だと思いました。\(^o^)/
是非是非、劇場にGO!

| 映画 | 20:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど!

あちこちでこの映画のレビューをめにしますが、やっぱり島崎先生のご感想が一番素直に自分の中に入ってきます( ^ω^ )

「となりのトトロ」のように幼児でも楽しめるものばかりでなく、「もののけ姫」「紅の豚」など(自分が感じるだけかもですが)対象年齢が高めで、メッセージ性や水面下の物語性が強かったりするものに分かれている気がして。

夏休みなので、ポケモンとピクサー映画にしか行けませんが、ゆっくり鑑賞したい映画ですね。

| ちよ | 2013/08/09 20:21 | URL |

Re: なるほど!

>ちよさん、コメントありがとうございます。

公開当初は酷評が目に付いたのですが、日を追うにつれ、好評価が増えてきました。
おへそが曲がった人ほど早く観て、ネタバレ酷評したがるものなんだなあと気づきました。(^_^;)
これは、どの映画でもあるあるな風潮みたいですね。困ったもんです。
あんなに息巻いて反論しなくても世間の多くの人は私と同じ解釈をしていたので
ちょっと安心しました。(^^)/

| 島崎譲 | 2013/08/11 12:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/473-ccc15a47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。