島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「どちらかが彼女を殺した」読了!

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
(1999/05/14)
東野 圭吾

商品詳細を見る


テレビドラマでは「新参者」で名を馳せた
加賀恭一郎シリーズの原作小説。
ドラマは人間の情が濃厚に絡んだ演出になっていたけれど、
原作のシリーズは推理が主体なんだなあ・・・。
加賀刑事はもはや阿部寛さん以外イメージできないけどね。(^^)

推理ものは面白いよね。
「犯人はだれか?」って一点でこれだけ夢中になって読んでしまうんだもん。

しかーーーーーし!
この作品の中で犯人を特定していくための
「ある特徴」が私には当てはまらない!!!!
私が実行犯だったら私が犯人だと確定できない!!!
私だったら完全犯罪成功じゃん。
などと、
おかしな部分で悦に入ってしまったのであった。(^_^;)

| 読書 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/479-e4c913f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT