島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

締め切りって・・・・

マンガの仕事をちゃんとやっていた頃(^_^;)
「マンガ家です。」というと
巷の人は決って真っ先に
「締め切りが大変なんでしょ?」と聞いてきて、
「いえ、私は逆算をしっかりやって徹夜もしないし、
締め切りもちゃんと守っていますよ。」と言うと
悲しそうな、つまらなそうな顔をされる。
マンガ家と担当編集の締め切りを巡る攻防は
一般人の「マンガ家」という仕事のイメージで
一番に上がると言っても過言ではない
事項である。

前にも書いたかな?

しかし、今でも天才気質の作家さんや、大ヒットを生み出す作家さんほど、
締め切り破りの武勇伝?を持っており、
一時、ヒット作に繋がるのはここか?と真剣に真剣に真剣に(^_^;)
悩んだりした事もありました。
いやいや、落ち着いてよくよく現実を見れば
進行が優秀な大御所先生も沢山いるのです。

私がなぜこんなに「締め切り破り武勇伝」に圧力を感じるのか?

それは、
仕事を共にした編集さんが悉く
スケジュール管理が出来ない作家さんとの苦労話を
「嬉しそうに」語って聞かせてくれるのです。
「こんなに辛かった」という数々のエピソードを・・・決して愚痴でもなく悪口でもなく
あくまで「話のネタをありがとう!!」と言わんばかりに
自分の武勇伝のように語り広めるのであります。
滅多に「00先生は本当に進行が良くてりっぱである!!」といった類の話は出てこない。
困った困ったと言いながら、その人の記憶に強く刻み込まれて忘れられない人物となっていく。
「より編集者を困らせた作家の方が可愛がってもらえる!!!!」という
曲解さえも持ってしまう。

そんなに喜んでいただけるなら私も!!・・・・・という気持ちにもなってくる。
なぜならマンガ家はサービス精神旺盛な気質だから!!

同雑誌で連載作家がまるで競い合うように「締め切り破り合戦」を始めたりするのは
こういった背景があるように分析するのは間違いでしょうか?(^_^;)

編集の方々、本当に心からマンガ家に締め切りを守って欲しいと願うのであれば、
締め切りを守る作家の事をもっと喜んで褒め広めてくださいまし。

| 戯言 | 18:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうなんですね

確かに、大御所の漫画家先生が型破りで…などといったエピソードを何かしらの形で知っていたように思います。
締め切り=提出期限=ルールですから、単にルールを守れない人だとしか私には思えないんですが(笑)

編集の方々の間だけで、こんなことがあって~と話の種にされる分には良いと思いますが、きちんとされている漫画家先生のほうが素晴らしいのだという当たり前の概念を歪めてしまいかねない現象には、少々閉口してしまいます(^^;)
島崎先生のサービス精神は、子供のころよりずっと、しっかりと感じ取れていると思います。いつもありがとうございます!

| ちよ | 2016/02/09 14:41 | URL |

Re: そうなんですね

> ちよさん、コメントありがとうございます。

危なかったです!!サービス精神を間違った方に向けそうになっていました!!!
締め切り破って楽しませようとしてしまいそうでした(笑)
正しい道に引き戻して下さって感謝です!!!
真面目に頑張ります!!!!

締め切り破りの武勇伝は大ヒット作家でないと認められませんからねえ(^_^;)

| 島崎譲 | 2016/02/11 02:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/607-986cdab8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。