島崎譲のブログ

近況、戯言、イラストを掲載中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金髪の5本線

先日、行きつけの呑み屋さんで
隣り合わせた美人さんから
ベルサイユのバラの宝塚話からの流れで
「昔の少女マンガの金髪を表す5本線にあこがれていた。」などという
話が出てきて、
「いやいや、あれは5本じゃなくてもっと多いですよ。」
と返し
「あれは入りと抜きの高等テクニックが必要で光って見えるには
修練が必要なのです。」と、
素人さん相手に薀蓄かましてしまいました。
彼女はイマイチ、あの金髪線の難しさを理解できていないようだったので
思わず、
「目の前で描いて見せて感嘆させてやりたい!」という
よからぬ褒められたい欲求が視床下部からムクムク膨らんできたのですが、
長く生きた経験上、こうゆう場面で絵を描いてろくな結果になった試しがない!!
という前頭葉からの静止命令が下り、
「オスカルの金髪線は綺麗だったですねえ。」とお茶を濁し、
「アントワネットも・・・・」と言いかけた彼女に
「アントワネットは金髪だけど5本線(すでに本数はどうでもよくなっていた、すぐ迎合する私(^_^;))は
入ってなかったんですよ。線だけですよ。」
「ええ~金髪に見えてましたよ。」
「線だけで金髪に見せていたんですから、凄いですよねえ。」
「凄いですねえ♪」
と池田理代子先生の偉大さを改めて感じ入った
呑み場のひとコマでありました。(^^)

20160211金髪線

60年~70年代の少女マンガ好き少女あこがれの金髪線を再現してみました。
あまり上手くありませんねえ・・・・すみません。(^_^;)

あ!ついでにやっぱり当時の少女たちのあこがれ瞳のキラキラ星、
ホワイト抜きもやってみました。(^^)



 

| 戯言 | 02:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yuzusima.blog75.fc2.com/tb.php/608-9e67bd10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。